なんとか四国ダービーに勝利

 ここのところ悲しいほど負けている愛媛FC。ネットや新聞で結果を見るたびに憂鬱な気に…。
 なんか勝てそうな相手にまであっさりと負けて、さっぱり順位が上がらない。このままでは中位確保もままならないゾ。

 で、本日は徳島との四国ダービー。お互い下位で戦うもの同士、負けられない戦いだ。結果は1-0で愛媛の勝利。ああっ久しぶりの勝利のような感じ。
 ちょっと押されたようではあるが、要所を締めての勝利。

 これで、目の上のチームとの差は減った。このまま頑張ってもらって背中が見えてきた横浜などとらえて、再び中位の足がかりとしてもらいたいところである。

 とりあえず気張れよ!

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

ThinkPad s30に不具合発生

 3日ほど前の日曜日のことである、連れ合いがThinkPadで何かを(ネットサーフィン中?)に突然システムが終了。その後何度か再起動を試みるも起動中に電源が落ちる状態になってしまった。
 まあ、何せ今を去ること8年前のマシンである、ましてOSはMeと来ている。いよいよご臨終か…。と覚悟を決めたのだが…。
 取りあえず、何かの塩梅で充電がうまくいかず、バッテリーの電力不足のような気がしたので、そのまま一晩様子を見ることにした。

 翌朝、出かける前に電源を入れてみると、何とか復旧、再起動に成功した。バッテリー表示は60%を切ったところあたりを表示している。なんとか、充電できたのか…、疑問は残るものの取りあえず出かける。
 連れ合いには、もう少し様子を見るので、触らないようにとメールを出しておく。

続きを読む»

テーマ:パソコンな日々 - ジャンル:コンピュータ

Quiet Sun “Main Stream”ほかP.Manzanera紙ジャケ

Phil Manzanera 昨日は午後から新宿で打ち合わせがあり、夕方近くまでかかった。
 その帰りにDisk UnionのArcangeloからPhil Manzanera関連作品がRe Masterで紙ジャケ再発となっているのを思い出し、新宿ルミネ内のHMVに向かったのだが…なっな~んと3日ほど前から改装中。で、仕方がないのでDisk Unionプログレッシブ館へ向かう。

 今回のお目当ては、Quiet Sun "Main Stream"(1976)、ついでといっては何なのだが、同じ時期にレコーディングされたPhil Manzaneraソロ第1弾"Diamond Head"(1975)とManzaneraとEnoのプロジェクト、801の第2作"Listen Now"(1977)を購入した。
 この他にも紙ジャケで出たのだが、Manzaneraに入れ込みはない、何よりもカンタベリーな傑作、Quiet Sunが目当てで、お気に入りBassist、Bill MacCormickのプレイが聴けるこの3枚となった訳である。

続きを読む»

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

ノルウェーのくせものバンド、The Royalties

The Royalties  昨晩は疲れに負けて、食事をとったあとそのまま居間の床で倒れるように寝てしまった。
 それで、腰が痛かっくなってしまったことと、眠りが不十分だったため自宅作業を明日に先延ばしにしてしまった。明日はちゃんとやらねば…。

 で、久しぶりの音楽ネタでいこう。そろそろ書かないとBlogのカテゴリーバランスが歪になりそうだし…。
 ということでノルウェーのくせものバンド、The Royaltiesだ。
 今年の4月に2nd. "The Lost Royalties "が発売されたときに新譜でゲット。その後すぐに1st."The Royalties"(2007)もゲットしていたのだが、多くのCDとともに放置の山に取り残されていたものだ。
 日本盤はインディーのexcellent.recordsというところから2枚ともカッチリした造りの紙ジャケという贅沢仕様で発売。

続きを読む»

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

J.リーズナー「聞いてないとは言わせない」読了

Dust Devils  昨日は、ビッグ・サイトに用があったりで移動が多くバタバタしてはいたが、読書の時間が思いの外とれた。流石に、電車での移動中に作業を進めることは困難で、必然的に電車内は格好の読書スペースとなる。

 で、新聞か何かの書評で読んで気になって新刊で購入していたジェイムズ・リーズナー「聞いてないとは言わせない」(ハヤカワ文庫)を一気に読み終えた。
 帯の惹句にあるように、まさしく「150分間一気読み」といった塩梅である。もちろん長さも286ページとお手ごろなのではあるが…。本当にそのくらいの時間で読み終えてしまった。

続きを読む»

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

J.フォード「記憶の書」読了

Kiokunosho 本格的に夏ってな感じで暑くなってきた。そのうえ昨日は午後から夕方まで外でのシゴト。意外とはやく終わってくれたが、やっぱりきつい。疲れた。  そんなこんなで、ここのところはオフィスでなく外へ出かけての打ち合わせやら作業が続いている。

 で、昨晩ジェフリー・フォードの「観相官クレイ」シリーズ(勝手にそう名付けた)の第2巻「記憶の書」(国書刊行会)を読み終えた。

 6月にシリーズ最終巻「緑のヴェール」が引鉄となって、そろそろ第2巻を読むことに決定、Amazonのマーケットプレイスで送料込みの2000円ほどで購入。ちょっと高かったが、国書刊行会の本では仕方がなかろう…。

続きを読む»

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

F.ティリエ「タルタロスの審問官」読了

Franck Thilljez 最近ずっと書いてきているようにちょっと忙しいが、先週の週末に久しぶりに駅前のBook ●ffへ寄った。そのとき250円でゲットしておいたフランク・ティリエ「タルタロスの審問官」(ランダムハウス講談社)を午前中に読み終えた。
 出た時に少し気になっていたのであるが、新人であることとサイコものぽい紹介文に見送っていたのであるが、最近同じ主人公の2作目が出て、これがまた気になってきたというわけである。

 巻末の解説によるとF.ティリエは、本業はITエンジニアで、その経験は本書のなかにも随所に活かされている。2004年、この作品でデビューをかざり、フランス国鉄が選ぶ推理小説賞(汽車の旅のお供を選ぶというなかなか気の利いた賞である。やるなフランス国鉄)の最終候補になったとのこと。
 次作「死者の間」(新潮文庫)が、翌年の同賞をめでたく受賞で、フランスミステリ界の期待の星として浮上してきた。

続きを読む»

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

カラスの死骸は…

Crow 3連休の中日、昨日は自宅作業で終日を過ごす。で、今日は昼ご飯を食べに阿●谷へ行くことにした。
 昼過ぎにウチをでたところで、写真のものに遭遇。まあ、写真を撮って、ここに載せるのもどうかとは思ったが、あの伝説の迷著「カラスの死骸はなぜ見あたらないのか」by 矢追純一(未読)を思い出してしまって、こんな暴挙に及んでしまった。ご覧のみなさんすいません。

続きを読む»

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

昨日はまいりました

 昨日は、朝から夕方まで外での仕事、9時前に武●関に集合だったのだが、これはうまいことに●窪からバスが出ていて、すんなり到着。朝からかなり蒸し暑い。

 ここで、お仕事第1弾だったのだが、先方がいい人でお茶を出してくれるやら、話が長いやらで予定を30分オーバー。これが後々まで響くことになろうとは…その時点では誰も予想できなかった。

続きを読む»

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

疲れた、さすがに徹夜はこたえる

 やっぱり徹夜は堪えるね。若い頃のように一晩寝れば大丈夫とはいかない。寝れば寝るほど身体が休息を要求してくる。
 今日も辛い一日だった。

 一昨日の晩から昨日の朝までは、作業をして、そのまま打ち合わせやらなんやらで、午前中を過ごしたのだが、午後は身体がいうことをきかず。

 はやめに帰ったのだが、ソファーでうとうと…。めし風呂を済ませて、11時過ぎに再びソファに座ったのだが、そのまま意識不明に、気がつくと朝の6時半。
 あ~ぁ、まったく何のためにはやくかえったやら…。

 今日は今日とて、首が痛い。そのうえ世の中の出来事も2日分空白となるしね。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

ついにPhotoTrackrのMac版ソフトが…

 バタバタと落ち着かないのであるが、PhotoTrackrのMacユーザに真の朗報だ。ついにMac版GiSTEQ PhotoTrackrが登場した。これは、そのリポート第1弾である。

 早速、仕事の合間を見てGiSTEQのダウンロードページからゲットしてみた。そこには、有料のProバージョンも用意されていた。
 まずは、無料のノーマルバージョンでいくことにして…Zipで圧縮されたファイルを解凍、さらにフォルダ内のインストーラを解凍してインストール。

続きを読む»

テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
06 | 2008/07 | 08
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside