FC2ブログ

J.フォード「白い果実」読了

shiroi kajitsu やれやれ、なんとか仕事に必要なアプリを入れ終わり、次は趣味のアプリなどをぼちぼち入れて、以前の使い心地を目指したい。
 釣りやらタイ旅行やらの写真については、ちょっと、いやかなり残念であるが、取り返しがつかない。次からはこまめにCDなどのメディアにバックアップをと…痛感している。

 さて、Macデータ消失のあおりをうけて、遅れていたジェフリー・フォード「白い果実」(国書刊行会)であるが、昨晩読み終えることができた。
 国書刊行会は昔からマニアックな作品をかなりいい値段で刊行し続けている硬派な(ちょっと意味不明)出版社である。この作品も定価2625円、これでも国書刊行会としては、お手ごろ価格といえる。
 しかし、運良く駅前のBook ●ffで発見、半額で購入したもの。いやいやまずまずラッキーかな…。

 で、これまでもJ.フォードは幻想色の強い作品2作品(「シャルビューク夫人の肖像」「ガラスのなかの少女」)を読んできたが、今回は完全に幻想小説である。世界幻想文学大賞を受賞した話題作。
 そのうえ、翻訳に日本の幻想・ファンタジー界のメジャー山尾悠子が翻訳を共同ながら手がけているあたりも力が入っている。

続きを読む»

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDなんかについてだらだらと…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
03 | 2008/04 | 05
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside