FC2ブログ

P.ドハティ「教会の悪魔」読了

Satan in St Mary 今日(厳密に言うと昨日)は、かなり荒れ模様の天候だった。午前中は強い風と激しい雨で交通機関に大きな影響まで出たようだ。
 確かに、地下鉄の丸の内線まで他線のあおりを食って遅れが出て、○窪駅のホームから人があふれそうになっていた。
 そんな天候だったのだが、気圧が下りきったこともあって腰の具合も落ち着いて、少し楽になった。

 一昨日の晩に新刊で購入したポール・ドハティ「教会の悪魔」(ハヤカワポケットミステリ)を読み終えた。ドハティ(東京創元社ではドハティーと表記)は、ここ数年、ハヤカワと東京創元社が売り出し中の英国の歴史ミステリ作家である。このBlogでも「修道士アセルスタン」シリーズ2作と「ロジャー・シャーウッド」シリーズ1作について書いている。
 「アセルスタン」については、まずまず気に入っているのだが、「ロジャー」については、肌合いが合わずいささか期待外れであった。

続きを読む»

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDなんかについてだらだらと…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
03 | 2008/04 | 05
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside