B.フリーマン「ストリップ」読了

Stripped 遂に年度末がやってきた。急遽きまった本日の出張(一泊の準備をしてきたのだが)も午前中の電話で、予定変更で中止となった。いいのやら悪いのやら…。
 とりあえず目の前のやらねばならないことは片付いている。これからしばらくは落ち着いた日々が待っていてくれそうだ(希望的観測)。

 で、ちょっと時間がかかったが、ブライアン・フリーマン「ストリップ 」(ハヤカワ・ミステリ文庫)を読み終えた。これまた駅前の●ook Offで「アメリカン・スキン」などと一緒に250円均一で購入していたものではるが、出たのはわりと最近で昨年の11月だったような…。

 前作の「インモラル」を読んだのが昨年4月の終り、ハヤカワとしては前作から半年強の時間しか置かずに第2作を投入する力の入れようである。まあ確かに前作も本作も映画化されてもおかしくないようなエンターテインメントぶり。
 読んでて面白いのは間違いないのだが…。

続きを読む»

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

最近ゲットのニュー・カマー The Feeling, Grand Archives, Lightspeed Champion

New Commer 先日書いたが、やっとこさ落ち着いたこともあって先週、仕事帰りにCDショップで新譜で入手したニュー・カマーのCDについて書くことにする。
 せっかくの新譜は、はやめに書いておかないとね、新譜で買った意味がなくなるというもんだ。

 今回は、ここのところのPop路線を踏襲して、その流れにあるPopなサウンドのものを手に入れている。この写真の3枚以外にももう1枚買ったのだが、これは職場のマニアな人に貸してしまったので、後日にということで…。
 この3枚どれも個人的にオススメ、Pop好きには買って損無しだと思っている。

続きを読む»

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

なんと阪神、4年ぶりの3連勝

 今日は午後から冷たい春の雨となった。この冷たい雨で桜の花も少しだけ寿命を延ばしたかも知れない。

 いよいよセリーグも開幕して3戦目。阪神タイガース、今日は投打の上に走塁までかみ合っての完璧な勝利。これで、開幕からのめでたい3連勝となった。どうやら4年ぶりの快挙らしい。
 昨年は、先発陣がまったく期待とはほど遠い為体、打線も全体にもう一つというシーズンであったが、今年は何やら幸先の良い滑り出しとなった。

 投手陣は、昨年ちゃんとした働きが出来なかった安藤・福原がそれなりの働きをしてくれれば、悪いほうへは行かないだろうが…。打線は今日まで結果を見る限り、右の新井の加入は大きい(ゴメンね広島)、バランスが良いオーダーとなったような気もする。
 そのうえ、2番平野がなかなか良い働きをしてくれている。

 まあ、実際は横浜には申し訳ないが、現在の横浜の状態では安心はできない。とにかく、今日のように選手各自が、それぞれの持ち味を発揮してくれれば、そうは悪くないだろうと言う感じ。
 
 読売は、ヤルクトに3タテを喰らうスタートではあるが、あの打線に火がつき、最後はクルーンという状態に何時なるのか、結構恐い。今のうちに、一気にダッシュして突っ走りたいところではある。ところで、ヤクルトの気魄には拍手を送りたい。

 なにはともあれ、おめでとう阪神タイガース。この開幕3連勝を素直に喜ぶことにしよう。

 ところで、J2愛媛は徐々に化けの皮がはがれてきた感じである。ここから一つ踏ん張ってもらいたい。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

花より団子、いや大福

Zenpukuzi Park 先週は、ぽつぽつだった桜も今週は満開。うちも近所の善福寺公園へ散歩がてら出かけてみることに。
 昼過ぎにぷらぷらと川沿いに歩くこと小一時間、思ったよりも日差しが弱く、風も少し冷たかったが、静かな住宅街は気持ちがいい。

 善福寺公園へは、引っ越してきたばかりの頃、自転車で一度きたことがあったが、これで2度目。予想通り、たこ焼き屋なんかの出店も出て、結構な人出。
 でも、場所柄家族連れがほとんどで、思ったよりも静かな雰囲気。桜も最高潮で、お花見気分も十分満喫。

 そこで、池のすぐ側のベンチに腰掛けて、昨日、赤坂の浅田家で買っておいた豆大福を食することに…。一口食べたところで、ハタと気がついた。「花より団子」いや大福、これを写真に納めねば!ということで撮った写真がこれ。

 そのあとは、西荻の駅へ向かって戻ることに、その途中「トゥク●ゥク」でタイ麺を食べて帰宅。
 
 帰宅後は阪神・横浜戦ををTV観戦、昨日に続きの連勝で気分も上々であったが…夕方に仕事の電話がかかる。月曜の夜から気の進まぬ出張となって、気分は萎え萎えとなってしまった。
 ちょっと残念…。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

W杯アジア予選バーレーン戦残念

 昨晩は、原因不明の頭痛で帰宅して、食事後に起き上がれなくなんてしまった。そういえば前の晩にちょっと寒気がしていた。とりあえず一段落して、疲れが出たのかも…。
 それで、「布団で寝たら」という連合いのことばがあったのだが、とにかく横になりたくてホットカーペットの上に…眠かったわけではないが、うつらうつらと目を覚ますを繰り返し、気がつくと1時を過ぎ、不思議なことに頭痛は治まっていた。

 そんなわけで、W杯アジア予選バーレーン戦を見ていないのだが、結果は無残。新聞などの記事によるとほとんど良いところの無い敗戦だとか。
 内容についてとやかく言えないのだが、自分たちのスタイルを封印するような形で望んだアウェー戦だったのか…。スタンドの雰囲気や気象条件、さらに怪我人やら欧州組の不参加等、すいべていい訳にはならない。たぶん、ちょっと油断があったんだろうね。
 すべてを合わせて岡田ジャパンの敗戦である。少なくとも引き分けで帰ってこなければいけなかったよな。

 オシムさんもきっとがっかりしたことだろう。せっかく退院したと言うのに、岡田ジャパンからの快気祝いはもらえなかったということになる。
 アジアの上位国の実際の力は、FIFA順位ほどの差はない。次戦のホーム、さらにアウェーのタイと、まずは気を引き締めていかんとね。

 まあ、この一戦だけ見て、ダメだというのは簡単であるが、次が大事だね。正直、現状では本戦に挑む総合力は無いね。
 でも、まだ終ったわけではない。 

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

イアン・ランキンのPlaylist

 ここのところ、読書ネタが多くなっていた。忙しかったので音楽をちゃんと聴けなかったとだけなのだが、年頭に今年は溜ったCDネタを片付けていくと決心したにも関わらず…どこかで、巻き返したい。
 
 で、読書絡みの音楽ネタを一つ。主に米英のミステリを読んでいると、主人公が聴く音楽だったり、酒場で流れる音楽だったり、そこらあたりが結構気になる。こだわりがある作家も時々いたりするのが面白い。
 その最右翼は、なんといっても<リーバス>シリーズのイアン・ランキンと言うことになる。

 まあ、シリーズのタイトルはRock Musicの曲名だったりすることからもかなりなマニア具合がしのばれる。そのうえ、作中でリーバスが聴く音楽が渋すぎる。P.Hammillを聴く刑事がいることそのことが奇跡ともいえる。
 とにかく、ランキンは音楽についてもかなりのくせ者だ。

 そんななか、ひょんなことから彼の音楽ページを発見してしまった。ページには、ランキンとリーバスのそれぞれのPlaylistが掲載されているし、ランキン個人のチャートまで見られる。
 このチャートがすごい!ジャンルは幅広く、時代の新旧も関係ない。この人ホントにRock好きなんだね、いやオタクといってもいいかも。

 年代も近いし、リストやチャートの所々に顔を出すマニアックな名前には、他人とは思えない。これを見ると一層、ランキン作品への思い入れも強くなるばかりだ。

 いやはや参った。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

K.ブルーウン「アメリカン・スキン」読了

AMERICAN SKIN やっとこさ落ち着いた日々となった。昨晩は、久しぶりに新宿の●ower Recordによって新譜を3枚衝動買いしてしまった。とはいうものの、まだちゃんと聴いていないので、週末あたりを目標に書くことにしたい。
 
 で、S.スミスと<始末屋ジャック>に横やりを入れられて小休止となっていたK.ブルーウン「アメリカン・スキン」(ハヤカワ文庫)を一昨日の晩にやっと読み終えた。
 これは、書店でカバーの写真に惹かれて、「イスタンブールの群狼」と一緒に新刊で購入したもの。

 K.ブルーウンは、「酔いどれ」シリーズでそれなりに人気のある作家らしいのだが、酒をたしなまない(というより好きでない)ので、近づかない作家だったわけである。
 「酔いどれ」シリーズではないが、多分次は読まないだろうな…。

続きを読む»

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

F.P.ウィルスン「始末屋ジャック 深淵からの脅威」<上><下>読了

The Gateways 残念ながら20日が仕事、一昨日も午後から仕事となって、4連休とはならなかったが、土日はやっと休むことが出来た。とはいっても、忙しくて溜っていた個人的なもろもろを片付けねばならないため、お気楽な時間とはならず…。

 でも、今日は昼前から散歩がてら阿●ヶ谷方面へ昼食を食べにでた。つれあいの要望でインドカレーを食べることにして、青梅街道沿いの「ショ●リ」というお店に。いつものように初めてのお店ではマトンカレーを連合いはセットでカボチャカレーとナスとジャガイモのカレーを注文。マトンカレーはかなり濃厚な味、カボチャのカレーは甘くて食べやすい。お値段もかなりリーズナブルで、まずまず満足。

 で、数日前にF.P.ウィルスン「始末屋ジャック 深淵からの脅威」<><>(扶桑社ミステリ)を読み終えていたのだが、書く時間が無くて書けていなかった。現在のところ、<始末屋ジャック>シリーズの翻訳はこの作品までということである。
 恐らく、今年の夏あたりには、次作の翻訳が出るのでは…と期待しているのだが…。

続きを読む»

テーマ:今日の本。 - ジャンル:本・雑誌

アーサー・C・クラーク逝く

 本日、昨年10月からの仕事が実質的に終了した。もちろん後処理などやることはあるのだが、とりあえずは終った。
 とはいうものの、別の仕事で明日は休めない。明後日を休みにして…などと考えていたのも甘かったようだ、これまた午後から仕事となってしまった。
 土日もずーっと出来なかったプライベートのもろもろを片付けねば…。

 そんななか、アーサー・C・クラークの訃報が飛び込んできた。まあ、90歳ということもあり、実質的に老衰ということなんだろうな。
 昨年には、死期を悟っていたのか友人・知人にメッセージを残していたとのこと。地球外生物存在の証拠を見ることが出来なかったという心残りが、実に彼らしい。

 以前にも書いたが、彼の考えた「宇宙エレベータ」は、実現の入り口にさしかかっている。もちろん本当に実現するには、まだまだいくつもの越えねばならない山があるのだろうが、20数年前には完全に「夢」のようなお話だったのだ。

 中学・高校・大学時代は、ミステリよりもSFを好んで読んだ。そんな中の一番のお気に入りが、科学という土台の上にしっかりと足を付けた彼の作品であった。
 とはいえ、彼の作品というよりもSFを前ほど読まなくなって久しい。ここらでちょっと気にしてみるかな…。

 彼が、神の許に召され、安らかな眠りにつかれることを祈る。さようならクラーク…。

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

う~ん、S.スミス「ルインズ」<上><下>読了

Ruins 今日はついていない、朝からトラブル処理で、午後も夕方になってあらたな問題発生。一つ終ったと思ったのも束の間。胃の痛くなりそうな状態に…。比較的時間が早かったので、なんとか事無きでもないが、ソフトランディング。で、これを書いていたのであるが、悪いことは起こるもので操作を誤ってまるまる削除してしまった。
 また、一から書き直している始末である。

 で、そんな中ではあるが、昨晩あの傑作「シンプル・プラン」のスコット・スミスの待望の2作目「ルインズ」<><>(扶桑社ミステリ)を読み終えた。
 昨日も書いた通り、期待の作家であったこともあり新刊にて購入。<始末屋ジャック>下巻が到着する前に攻撃開始となった訳である。タイミングもバッチリで、<ジャック>の上巻を読み終えてすぐ、こちらに手を付けたのだが、こちらの上巻を読み終えたところで、<ジャック>の下巻が到着。なんともそういう運命だったようである。

続きを読む»

テーマ:今日の本。 - ジャンル:本・雑誌

F.P.ウィルスン「始末屋ジャック 幽霊屋敷の秘密」<上><下>読了

The Haunted Air いよいよ終りが見えてきた。二晩続けて朝方まで作業してたことで全体の形ができ上がった。当然、納期もあることなので終りは必ずあるのではあるが…。
 それでも、最後になるとドタバタで作業をするのでなにかとうまくいかなかったりするのが悲しい。今日も今日とてバタバタなのであった。

 で、そんな中ではあるが、一昨日ついにF.P.ウィルスン「始末屋ジャック 幽霊屋敷の秘密」<><>(扶桑社ミステリ)を読み終えた。上は、そうそうにAmazonの中古で入手したのであるが、下が発注したら在庫切れで、別のショップに注文するハメになった。
 上巻をとっとと読み終えてしまって、下巻が届くまでの間、小休止中の「アメリカン・スキン」に戻らずに書店で発見した、あの傑作「シンプル・プラン」のスコット・スミスの13年ぶりの第2作「ルインズ」へ浮気、こちらも上巻を読み終えた。
 と、そこへタイミング良く下巻が到着した。

続きを読む»

テーマ:今日の本。 - ジャンル:本・雑誌

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
02 | 2008/03 | 04
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside