R.ファン・ヒューリック「紫雲の怪」読了

The Phantom of the Temple  昨日午前中から今まで2時間の仮眠でぶっ続けで起きている。まあ、仕事だからどうしようもない。それでも今日は2/29、普通は存在しない日で、ラッキーといえばラッキーなのかも知れない。
 でもうるう年であろうがなかろうが、どのように納めるかはスケジュールにはあまり関係ないのかも…。しっかし、眠いなぁ。
 という状態なので、毛鉤な皆様、今週末は完全に無理です(笑)。

 一昨日の夜のことになるが、R.ファン・ヒューリックのディー判事ものの最新刊「紫雲の怪」(ポケミス)を読み終えた。たまたま覗いた職場近くの書店で発見購入となった。ポケミスは早々すぐには古書店にはでないので、お気に入りはとっとと新刊でというのが、ここのところの決まりになっている。

続きを読む»

テーマ:今日の本。 - ジャンル:本・雑誌

遂に釣行のお誘いが

 う~ん、突然のお客の要望やら訳のわからない要求やらでストレスは溜るわ、疲れは溜るわのダブル貯金状態。
 そんな中、遂にKK君から釣行のお誘いが(さすがのKK君も今年の寒さには参っていたようで、静かに潜行していたらしい)…、いよいよシーズン開幕であるのだが、当然お受けする状態にはない。誠に残念である。

 とは、いうものの、昨年の後半から現在にいたるまで、釣りに関する諸々のこと…タイイング、道具の手入れ、情報収集等は一切手を付けていない。リールとかラインとか大丈夫かなぁ…と心配になるものの、確認する気力もない。
 これでは、ほとんど引退といっても過言ではない状態だな。

 本当に、釣りのことをまともに考える余裕もない日々の連続。今年は、3月後半には仕事が落ち着くので、是非爽やかな川を渡る風を感じる日々を設けていきたいと心に期するのであった。

 KK君・MT君、釣行決定であれば、レポート楽しみにしてます。でもまだまだ寒いので十分気をつけて下さい。それでは、"ペートリ・ハイル"

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

どうでもいい和牛の話

 久しぶりにサイエンスネタである。このはなしが厳密にサイエンスネタかどうかは、読む方の判断に委ねるとして…。
 本日の朝日新聞日曜版に和牛について特集があった。

 内容は、日本の牛肉のあの「霜降り」具合は、遺伝子に組み込まれているということ。そして日本に牛はもともといなかった(ちょっとビックリ、知らんかった!)ということ。
 いやいや、牛は農耕が本格的に始まった頃に大陸からもたらされたのでは…ということらしい。そして、山口県の萩市沖の見島の見島牛と鹿児島のこれまた島である口之島の口之島牛が、日本古来の牛の姿を残しているとのこと。

 また、和牛以外の牛は、同じように飼育しても筋肉の間に和牛のように脂肪が形成されにくく、いわゆる「霜降り」の状態になりにくいのだとか。
 これは、和牛の遺伝子の中にいわゆる「霜降り」を形成する因子があることに由来するのである。
 そして、上記の牛、特に見島牛にはその傾向が強いとのこと。

 まあ、あの柔らかさや蕩け具合は、好き嫌いの領域でもあるのだが(個人的にはしゃぶしゃぶ、すき焼きはいいけど、焼き肉・ステーキは多少歯ごたえがあったほうが好みではある)、コービー・ブライアンとの父親をも魅了した神戸牛である。ある意味、和牛は世界一の肉を持つ牛。
 蕩けるような牛肉は、日本の風土が生んだともいえるのである。

 なかなかに興味深い記事であった(記憶で書いているので細かいところ間違っているかも知れないが、それは許されたし)。

 忙しいのであまり書けないと思っていたのであるが、気晴らしもあって(読んでいただく方には申し訳ないが)、吐き出すように書いている。
 まあ、そんなこともあったのか…などと思い返すためにも書いているので、良かろうが悪かろうが、なるべく書いていこうと決意(笑)もあらたにしているところである。

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

Footballネタ二題

 昨晩は、徹夜明けの朦朧とした頭で東アジア選手権の韓国戦をTV観戦。前半は、イスからの観戦で眠いながらもなんとか見ていられたのだが、後半は連合いがホットカーペットでゆったりして見たら…という言葉にしたがって横になって見たのであるが…。
 大事なところで睡魔に襲われて、得点シーンを見逃してしまった。山瀬、ごめん。

 見たところの印象は、のっけから韓国の動きがかなりいい。実質上の決勝戦、その上負けてはイケナイ日本戦とあって、かなり集中していたようだ。
 韓国のシンプルな攻めが、疲れの残る(もちろん韓国とて条件は同じはずである)第2期岡田ジャパンを振り回していた。日本は、目標とする細かいパスでの組立から崩しという流れで戦うが、何かともたついた感じで、フィニッシュまでいけない。

 そうするうちに、ボールを高い位置で奪われ、あっというにサイドを駆け上がられ低い速いクロスが入る。連合いにも入る前にゴールが見えたといわれるほどの目の覚めるような攻めを見舞われ、前半15分でいきなりのビハインドを背負うことになってしまった。

続きを読む»

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

Netscapeの開発終了に思う

 最近、世の中のことを知るためにニュースページなどを見ていたら、「Netscapeの最後のアップグレード」というニュースが…。ついに開発終了で、その名はポータルとして残っていくとのことである。

 インターネット創世記、ブラウザといえばMosaic、そしてその後を受けてNetscapeという流れであった。MacにはNetsharkとか名前も覚えていないようなブラウザがあったといえばあったなぁ。まさしくNetscapeはブラウザの王道であった、IEが登場するまではね。

 そのブラウザとしての役目は、後継のMozilla家のFirefox、およびFlockに譲る形での引退といってもいいのだろう。あとを譲ったMozillaは、IEの戦略で苦戦しながらも着実に歩みを続けている。もちろん私もMozilla家ブラウザCaminoである。
 よっぽどのことがない限り、使い慣れたCaminoで行くと思うのだが、情報によれば次期Safariは「速い」とのこと。気にはなるが、あまりあのデザインが好きではない。

 インターネットが遅いモデムによってつながり、画像が呼び込まれるまで画面に何も表示されないまま、しばらく待たされることが当たり前だった時にNetscapeは、読み込んだ順に表示するという当時としては画期的な離れ業を演じて見せてくれた。そのときは、遅いなりにも速さ?(訳のわからない表現であるが)を感じたのであった。

 しかし、Netscapeの登場は1994年。考えて見ればたかだか13年ちょっとしか経っていないというのには驚きである。なんかすごく時間が経ったようでもあり、経っていないようでもあり、ちょっと不思議な感じがする。
 最終的にどうでもいいんだけど、なんだか書いてみた。

テーマ:ブラウザ - ジャンル:コンピュータ

W.ランディ「ボストン・シャドウ」読了

The Strangler 結局、徹夜。とりあえず目の前のことを片付けるためにこの始末。本来ならこのまま明日も踏ん張りたいところなのだが、如何せん身体がいうことを利かない。
 さらにその先はどうなることやら…ではあるが、ちょっとブレイクをいれないと厳しいね。まあ、前向きに考えれば、それでも終らない仕事はない…か。

 まあ、いつものようにシンドイ、シンドイと書いていても楽にはならない。Macに作業を任せたところで少し手が空いたので、時間がかかっていたのではあるが、先程ウィリアム・ランディの「ボストン・シャドウ」(ハヤカワ文庫)を読み終えた。
 これは、昨年の初夏に出たもので、前作であるデビュー作「ボストン、沈黙の街」(ハヤカワ文庫)が良かったので、ずっと読むつもりでいた作品。駅前の●ook Offで、新しめの他の2冊と一緒に250円コーナーで入手(本当のところ厳しい出版書店業界にあって、●ook Offで購入することがいいのかは疑問ではあるが…)。

続きを読む»

テーマ:今日の本。 - ジャンル:本・雑誌

東アジア選手権中国戦

 毎日毎日同じようにきつい日が続く。その他ちょっとショックなことがあったりで、かなり精神的にも参ってきている。体力的には若い頃の方が無理が利いたのでしんどい時期もあったが、今は精神的にもかなりすり減って、ストレスは溜るばかりである。
 思わず友人のtelさんにケータイ・グチメールを送ってしまった。申し訳ないです。
 そして、今日もこんな時間である。

 で、話は変わって第2期岡田ジャパンである。東アジア選手権中国戦は、完全アウェイのなか何とか1-0で勝利。初戦の北朝鮮戦がひやひやの引き分け(見ていない)で、このカードで国内組の真価が問われる一戦(?)であった。
 仕事中で、終始の観戦は出来なかったが、運良く得点シーンと後半の後半を見てしまった。

続きを読む»

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

なんかいろいろあるな~という日々(2)

 いやいや土日は、なかなかきつかった。といって今日が楽なわけではないのである。土日の作業のせいで完全に睡眠不足で頭痛がする。
 これを書いたらとっとと切り上げよう。

 で、ここ数日まともにニュースも見れていないが、気になった「いろいろ」第2弾を。
 まずは、次世代DVDの趨勢が決まったこと、これで世の中の人も次世代DVDに手が出せる状態になった。でも、個人的にはまだまだ先の話である。
 VTRのときは、趨勢はVHSになっていたのに敢えてベータを買ったので文句はなかったが、今回はDVDの必要性を感じないままここまできている。ひょっとすると次世代DVDなるものが、自分の生活にはあまり意味の無いものになるのではないか、などと思ってしまう今日この頃である。
 まあ、東芝は残念だろうが、これも世の中の流れ、傷は小さいうちに勇気ある撤退も必要だろう。

 次は、第2期岡田ジャパンの東アジア選手権第一戦。負けなくて良かったね。まったく見ていないのであるが、後半も半ばに若手の安田投入でなんとか追いついたらしい。それだけしかわからないが、先制されたなら最終的に負けなかったことは、良かったとせねばいかんだろう。
 見てたら、文句の一つも言ったかも知れないけど…次戦はスコーンと勝っていただきたいものである。

 続いて、ラグビー・トップリーグ。MSカップ準決勝、三洋vs.東芝。次世代DVDでケチのついた東芝に、携帯部門売却等々、経営立て直しまっただ中の三洋ともう一つのカード、トヨタvs.サントリーとはそういう面からも対照的な対戦カードである。面白い。
 この試合が凄まじかったらしい。見れなかったのがとても残念な名勝負だったようだ。今年のNFLスーパー・ボウルを超えるロスタイム、ラストワンプレイの逆転劇。
 史上初、無敗でここまできた三洋に宿った勝負の魂が、形になった。前回王者東芝もリーグ戦の内容を上回る戦いぶりで、三洋を追いつめたのであるが…。ここは、三洋を讃えるしかないだろう。決勝は、エリート軍団サントリーを粉砕して欲しい。
 しかし、見たかった。

 羊水が腐る発言(これはちょっと古いか)、中国ギョーザ問題などなど、いろいろあるが週末気になったのはそんなところかな。
 ああ、そうそう知り合いがMacBook Airを発注したとの情報が飛び込んできた。この人先日書いた記事のiPod Touchの所有者でもある…いやはや、参りました。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

先日のMacBook Airの記事について

 先日、MacBook Airについて書いたのだが、日頃アクセスが10を超えるほどなのが、数倍になった。しかし、中身のほとんどない店頭でのぱっと見でのインプレッションなのでご容赦いただきたい。

 もともと、買うつもりもないので少し軽い気持ちで書いてしまった。おそらくアクセスしていただいた方々は、購入の参考になれば…等々、真剣にお読みいただいたかも…。
 Macを使い続けてまもなく20年になろうとするのだが、年々(歳をとってきたこともあってか)Macのあれこれに対して興味が薄くなってしまっている。

 極端なはなし、あたりまえのものであらためて、どうなったこうなったと興味が行かなくなったようだ。当然、次もMac以外ではないのでその時々のあるもので、自分にあったMacを買うことになる訳だ。
 なので、今回のMacBook Airについては、もう守備範囲ではないため、チラ見で満足だたった。

 そんな訳で、先日の記事を読んでいただいた方々にちょっと悪いな…という気持ちになったので、書いておくことにした。
 しかし、MacBook Airへの関心がこんなにも高いとは…驚いた。

夜が明けてしまった

 気がついたらこんな時間…夜が明けてしまった。2時過ぎからかなり窮地に立たされていたのだが、大きなミスをしていてそれに気付かず作業を進めていた。
 冷静になって見直したら、それに気がついた、あ~よかった。一時はどうなることかと思った。でも、修正をしてみたが、それが良いのかどうかは、まったく不明なのだ。

 とはいうものの、朝である。まだ先は長いので、とっとと寝てしまおう。これからこんな状態が続くのかと思うとやるせない。
 この歳になってこれは本当にきつい…。代りがいないので、とり合えずやるしかないという日々である。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

MacBook Airの印象

 毎年のことながら、とにかく年度末が近づくとしんどい日々が続く、とにかく今年はもろもろ流れが悪い。ここまでは何となく休日を使って、均して切り抜けてきているのだが、これからいっそ厳しくなる。
 かくゆう今日も自宅でこれから仕事を始めるところなのであるが…。

 先日、作業用のHDを買いに行ったついでに携帯用のカバーを買ったことを書いたが、そのときMac売り場で展示してある話題のMacBook Airの実物を遂に見た。
 で、印象は…思いのほか安っぽい。これが一番感じた印象である。確かに薄くて軽そうではあったが、かえってこれがチャチイ感じにみえたのかも知れない。
 まあ、そこが狙いであるともいえるのだろうが、個人的にはちょっとねェ…。

 完全に"No"の方向へ振れてしまった。デザインというものは、人によって好き嫌いがハッキリしてくるもの、これを"Yes"とする人たちもたくさんいるだろうからね。
 ちょこっとだけキーボードを触ってみたのだが、特に記憶にも残らない印象。スピードは、今一つだったような…。先進的なマルチタッチ・ジェスチャーについては、知り合いのiPod Touchで経験済みだしね。

 ところで、売れてるんだろうか?今のところ周りの反応は、良いも悪いも全然無し。さすがにあの値段とポテンシャルでは、不満があるということかな。
 いっそのこと、もっと小さくして…というような方向へは行かなかったのだろうか、などと思った。

 藤シローさんのmaclalalaの記事にある通りの人たちのためのものということなのかな…とりあえずの印象。

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

ad [es] Zero3用カバーケース"まもるくん"

mamoru kun 一昨日、HDを買いに行ったついでに○ドバシ・カメラの携帯アクセサリー売り場を覗いて見る。willcomに替えたときにもZero3用のカバーを探しに行ったのだが、そのときはハードケースが品薄で引き上げてきたのだった。
 なにぶん、契約の内容では2年間このマシンを使い続けないといけないらしい、途中で機種交換や故障ということになると機種代金の残額を支払わないといけないのである。それでなるべく長く使うためにもプロテクターは必要と考えたわけである。

 昨日は、ネット等で調べて良さそうだなと思ったウェルカンパニーの"まもるくんfor Advanced/W-ZERO3[es] 弾力モデル(ascot navy)"が各色展示してあった。前回は牛かダルメシアンかの白黒模様のしかなかったのである。さすがにそれは買えないぞ!
 で、その中からネイビーをつかんでレジへ、お代は3500円なり。(写真の下は裏側ね、詳しいことはnetなどで確認してね。)

続きを読む»

テーマ:W-ZERO3 - ジャンル:携帯電話・PHS

J.グッドウィン「イスタンブールの群狼」読了

The Janissary Tree ここのところ書き出しはいつも寒い天気と落ち着かない仕事のことということになってしまっている。
 まあ、事実寒いうえに寝る間もないほど忙しいと、言うほどではないが、気忙しく落ち着かない日々である。この3連休も書いた通り2日間は自宅で仕事。
 フィリピン人の友人との夕食と近所のスーパーへの買い物以外、外に出ることもない日々。まあ、雪が降ったりで好都合なのではあるが…。

 で、読書の方もさっぱり進まない。当然、集中力も落ちてせっかく読んでいるのに、ちゃんと頭に入っていないようで、何回か同じページを読んでいるような始末である。
 このジェイソン・グッドウィンの「イスタンブールの群狼」(ハヤカワ文庫)もそのあおりを受けて、一昨日読み終えたのであるが、とりかかってからずいぶんと時間がかかってしまった。

続きを読む»

テーマ:今日の本。 - ジャンル:本・雑誌

Miss Fortune "Miss Fortune" + The Fletcher Pratt "Nine By Nine"

Miss Fortune + The Fletcher Pratt 相変わらず寒い日が続いている。昨日は夕方からシャーベットのような雪になり、一気に数センチのざくざく状態となった。
 日中は自宅で仕事をして、降り始めた頃に来日中のフィリピン人の友人(連合いの友人ね)と先日のタイ料理店エ○ワンで夕食をすることに…。
 しかし、先週に続き、雪に見舞われた香港在住の彼女は、ある意味ラッキーかも知れない。が、やっぱり寒いのは苦手のようである。
 そんなこんなであるが、本日も引き続き自宅作業、明日も基本的には同様である。

 で、とりあえず一段落したので、音楽ネタを書くことに…。もうずいぶん前(昨年の夏ごろか?)に入手した2枚。Miss Fortuneの"Miss Fortune"(2000)とThe Fletcher Prattの"Nine By Nine"(2001)。どちらもたしかStrangedays誌上でレビューされていたような気がする。Miss Fortuneは確かUSのAmazonのMarcket Placeでかなり安く、ほとんど送料のみの値段で、The Fletcher Prattは、Book ○ffで250円だったような…。

 特に、どこかの誰かに関連があるといった人たちでは無いようだ。

続きを読む»

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
01 | 2008/02 | 03
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside