J.カーリー「百番目の男」読了

The Hundredth Man 昨晩、ジャック・カーリー「百番目の男」(文春文庫)を読了。
 昨年の宝島社「このミス」では、まずまずの評価、発刊時には新人ということもあって見送っていたのだが、少し前に古書で見つけて450円で購入しておいたもの。

 ジャンルは、少しアウト・オブ・デートなものとなった感のあるサイコ・ミステリー。しかし、「このミス」の評価もあり期待してスタート。
 いきなり検死解剖中、死体に仕込まれた爆発物が爆発、医者が片手の指を失うという衝撃的なシーンではじまり、どうなるのだ…と気合いが入ったのだが…。
 

続きを読む»

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

Lilac Time "Looking for a Day in the Night"、そしてCDは音楽の容器?

Looking for a Day in the Night これまたヤフオクで送料込みの約1100円で購入。
 1999年発表の5枚目。内容は、いわゆるネオアコで、サウンドはフォークぽいといえばぽい。ただメロディーとアレンジは、Popそのもの。ここのところの傾向で、時期をずらしたものは“もっぱら中古作戦”で展開中。

 だいたい、この年の前ぐらいまでの数年間は、あまり気合いを入れて音楽を聴いていなかったような…。確かに、この辺りのアーティストおよび作品は、少ないかも…。
 そんなこともあって最近、Beautiful SouthやShack、Bibleといった初期のアルバムは持っているのだが、その後あとが続いていないアーティストをオークションやら中古市場やらでチェックをしている。

続きを読む»

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

Space ShuttleからOrionへ

 先週は、宇宙に関するニュースが気になった。

ORION
 ひとつは、冥王星が惑星から格下げされて太陽系の惑星が8つになったこと。もちろん、冥王星が消滅したわけではない。
 子どもの頃ならった「水金地火木土天海冥」が「水金地火木土天海」となって尻切れトンボな感じは否めないが、学術的な惑星の定義の厳格化と思えばしょうがない。

 なんでも自己中心主義のアメリカが唯一アメリカ人が発見した「惑星」ということで、抵抗したらしいが、発見者トンボーも止む終えないと思ってたらしい。

 もうひとつは、Space Shuttleの後継機(imageがそれ ©NASA)。

続きを読む»

テーマ:宇宙 - ジャンル:学問・文化・芸術

M.コナリー「暗く聖なる夜(上下)」読了

Lost Light 一昨日、M.コナリー「暗く聖なる夜(上下)」(講談社文庫)を読み終える。
 前の「ジョン・ランプリエールの辞書」にてこずったこともあり、こちらは快調にあっというまに終わった感じがする。
 この本も駅前の Book Off で購入。

 ボッシュ・シリーズの第9作。
 ボッシュは妻エレノアとも別れたうえにロス市警を辞め、私立探偵になっているが、年金生活で特に仕事はしてなかった。
 しかし、彼の心の中にすみ続けているひとつの殺人事件の真相を突き止めることに…。

続きを読む»

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

S.Barrett"The Madcap Laughs"+the Lilac Time"lilac6"

S.Barrett+lilac time 前回Bostonを買ったときに割引券をもらったので、なんかあればと思い、昼飯のついでに職場近所のCDショップへ。
 おっと、そこで故"Crazy Diamond"Barrettの"The Madcap Laughs"(「帽子が笑う不気味に…」)の紙ジャケを発見!思わず手に取ってそのままレジへ。

続きを読む»

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

L.ノーフォーク「ジョン・ランプリエールの辞書」読了

John Lempriere's Dictionary 一昨日の晩に大作「ジョン・ランプリエールの辞書」(東京創元社)を何とか読み終えた。
 前にも書いたが、2段組590ページにも及ぶ大長編、しかし、かなり苦戦を強いられてしまった。

 「サマセット・モーム賞受賞」他、そうそうたる欧米の雑誌の書評で大絶賛。そのうえ、出版社の惹句には「エーコ+ピンチョン+ディケンズ+007」となっていた。
 はっきり言おう、「エーコ+ピンチョン+ディケンズ+007」については、だまされた。どこをどう読めばこうなるのか教えて欲しい。

続きを読む»

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

とりあえず、勝って良かった

 昨晩のアジアカップ予選イエメン戦は、オシム・ジャパン初の公式戦。
 ということで、かなり注目度は高かったのだが、所々を斜め見しただけになった。が、ロスタイムの佐藤のゴールは見ることが出来た。とりあえず、勝って良かった。
 

続きを読む»

テーマ:オシムジャパン - ジャンル:スポーツ

現在、読書戦線は苦戦中

 今読んでいる「ジョン・ランプリエールの辞書」に苦戦中。

 何せこの本2段組で約600ページもある大作、その上ストーリーのコアがよく見えなくて思いのほか前進しないでいる。
 現在、430ページ辺りを進撃中。そろそろ佳境だと思うのだが、その感じがないのだ。かといってつまらないというわけでもない、不思議な作品だ。後もう少しできっと展開があるのだろう…

続きを読む»

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

ルー・リード、2ヶ月連続紙ジャケ発売

 8/23と9/20にKing of the Underground、Lou Reedのソロ1stから'86年の"Mistrial"までの18作が紙ジャケで出る。
 合わせると4万円を超える出費となる、どーする?

 これまでも、紙ジャケ復刻が相次いだが、シリーズ全作ゲットをしたものはない。それなりに吟味して大人買いは避けてきた。今回ももちろん全作を買うつもりはないのだが、何故だか全部欲しい。
 アナログ盤で持っていない第一期の1stと"Metal Machine Music"、第2期の"Live in Italy"以降を優先すると、どうしても初期の"Berlin"、"Transformer"も欲しいと思うし…どうせなら全部…(いかん、いかん)

続きを読む»

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

土日にちょっとタイイング

 先週、先々週と連続釣行のため、この土日は待ち暮らしとなった。
 そこで、連続出撃の後遺症、フライ不足を補うためにちょこっとタイイングをしてみた。

 とりあえず、夏に備えた大きめのフライが皆無(ちょっと怠けていた)であるため、#12でエルクヘア・カディスを巻く。
 さらに、それより小さめのエルクヘアを数本、CDCストーンフライを数本。

 ここで、ハタと考える…、今後小○川に出撃する可能性がないこともない、イブニングで反応があったミッジサイズも巻いておいたほうがいいかも、となった。

 #24(これより小さいのは、まだ巻いたことがない)で、フローティング・ニンフと夏を意識してアントを数本。これで十分とは言えないが、とりあえず来週以後の駆け込み出撃に向けての補充は良とすることにした。

 本数を巻くと、少しだけ要領が良くなった様な気もする…、上達のためにも「暇ができたらタイイング」である。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

大久保城塞発見!

 土曜日に夫婦で信濃町のタイ料理屋メー○ウで夕食をたべた後、涼しかったこともあって、腹ごなしにちょっと歩こうということになった。

 歩き始めると調子に乗って、都営線の東新宿駅まで来てしまった。こうなったら大久保駅から帰ることにして、もう少し歩こうということに…。

Okubo Fortress ふと、顔を上げると異様な建物がそびえている。あたかも軍艦のブリッジのような形ではないか?思わずシャッターをきってしまった。
 何か宇宙ステーションの居住ブロックを積み重ねたような不思議な形、そのうえ一番上の貯水タンクとおぼしきものが塔の横に取り付けてある。外壁は汚れが浮いてしまったシルバーメタリックときた。
 とにかく他の建物から浮き上がって見える。

 これが、建築されたときには話題になったのかも知れないが、私は知らなかった。そこで、勝手ながら香港にあった九龍城塞にならって、大久保城塞 "Alcazar de Ohkubo"と名付けさせていただいた次第である。

 しかし、あの細長い居住ブロックの内部がどのようになっているのか、興味津々である。
 誰かこの建物に住んでいる人に知り合いはいませんか?もちろん居住されてて「見せてもいいよ」という方がいましたら、見学をお願いします。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

The Jam "Snap!"紙ジャケ

Snap! 昨日、Amazonで購入のThe Jam "Snap!"の紙ジャケ版が到着。5000円也。
 写真でもわかる通り、なかなか豪華な仕様となっている。

 まず、2枚組のため当然のごとくダブル・ジャケット、そしてアナログの仕様にならった中袋つき、さらに7inchシングルだった"Live! EP"がさらに縮小されて、かわいい8cmCDシングルになって付いている。

続きを読む»

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
07 | 2006/08 | 09
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside