懐かしのTELEVISIONとVirginia Astley

 W杯もベスト8が出そろって中休み。なんとなく当たり前のチームが勝ち上がってきた、唯一例外はUKRかな?
 そこで、CDネタで、本当はSonny Rollins"Saxphone Colossus"とThelonious Monk with John Coltraneのつもりだったのだが、お得意のジャンルではないので、またの機会に…。

Television + Virginia Astley 今回は、昨日購入のTELEVISION "Marquee Moon"とVirginia Astley"From Gardens Where We Feel Secure"の2枚。どちらも赤坂のWA○Eで、セールものを購入、合わせて3360円也。

続きを読む»

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

歴史的瞬間は訪れなかった

 昨晩は、歴史的瞬間(BRAの敗戦)を見られるのでは…、という淡い期待を抱いてBRA vs. GHA戦を観戦。
 しかし、歴史的瞬間は訪れなかった。

 歴史的瞬間を狙って開始から積極的に攻めるGHA、余裕をもってその攻撃をいなすBRA。なんと開始5分にカウンターからDFラインの裏に抜け出たビア樽ロナウドがGKと一対一になり、余裕の先制ゴール。あ~ぁ。

続きを読む»

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

あ~あ、イタリア勝っちゃったよ

 なんだか面白くないな~、ITA勝っちゃったよ。
 これまでの実績からいって、AUSの歩は極めて良くない。しかし、そこは名将ヒディンク、何かやってくれるのではと思い、期待しつつ観戦。

 AUSは、最初からボールを支配して、散発的にゴール前にいくのだが、効果的なシュートが打てない。ITAは、高い位置ではほとんどボールを獲りに来ない。予想通りのITAの作戦にはまっている感じ。

続きを読む»

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

W杯のうえにTour de Franceが

 連日のW杯TV観戦で、完全な睡眠不足。これはまずい、ということで本日からシノビガタキをシノンで1戦だけの観戦とすることに決定。

 弱りうれしい(そんな言葉あるのか?)ことに、もう一つのビッグ・イベント "Tour de France"が7/1から開幕する。
 7/1,4,5,8,9は、W杯とのダブル・ブッキング、Tourの方が少し早い時間に始まるので、連続視聴となる。本当に自重しないとまずい。

続きを読む»

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

無念!NED敗退

 今朝のNED vs. PORの結果は、残念ながら0-1でNEDが敗れた。
 ちょっとした因縁の相手POR、お互いに攻撃が持ち味で、いい感じの殴り合いを期待したのだが…

続きを読む»

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

ナカタの涙に関する一考察

 W杯もトーナメントに突入し、さらに熱いゲームが繰り広げられている。やっぱり、一発勝負。
 ただ、GERがSWEにあっさり勝利、SWEどうしちまった?ちょっとガッカリ。MEXは、ARGに一泡吹かせてくれた、日本のサッカーもこのMEXスタイルを学ぶ必要があるのでは…?

 というところで、2日前に書いた「ナカタの涙」に関することなのだが、こちらの真意が表現できてないような気がしたので、ちゃんと書いてみよう。
 Nakata.netを読んだことが無いし、ナカタが自分の人生観、ライフスタイルを持っているのか、聞いたことも無ければ、読んだことも無い。あくまで、想像である。

続きを読む»

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

W杯もいよいよ本番

 連日のTV観戦でかなり睡眠不足気味、今日はついに11時まで寝てしまった。

 で、観戦記。UKR vs. TUNは、仕事の関係で後半だけ、よかったねシェフチェンコ! KSA vs. ESPは、見てない、順当な結果。

続きを読む»

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

Field Musicと下田逸郎

 Field Musicと下田逸郎、この2組のミュージシャンに何の関係もない。たまたま、Amazonのギフト券の期限が切れる前に使いたかったので、割安のCDを2枚購入した、その組み合わせというだけ。

続きを読む»

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

今大会ここまでで一番のサプライズ

 ジーコ・ジャパンの2006W杯が終わった。選手・関係者へお疲れ様といいたい。

 今回の戦いは、これまでの2戦とくらべて、気迫のこもった戦いだった、一番くやしいのは戦った選手たち、今日が新たな戦いのスタート!
 それぞれのチームで奮起して欲しい。世界はまだまだ遠い!

 BRAは、さすがの横綱相撲。玉田のゴールで少しだけ燃えたかも…。ロナウドも復調方向か?
 AUSは、元々選手個々はそこそこの好チーム、それをまとめて方向づけたのは、さすがヒディンク。
 今後両チームとも楽しませて欲しい。

 最後に中田英、終了後ピッチに倒れ込んだ彼の姿、そして涙。
 この大会に賭ける彼の思いは確かに強く大きかったことが伝わる光景だった。さらに、特別な思いがあったとも伝えられている。
 しかし、彼のこのような姿を見たくはなかった。もし、伝えられることが彼の真意だとしても、彼には超然としてあの場を去って欲しかった。
 彼自身が描くナカ~タ像は、そうではなかったはずだ。

 彼のファンではないのだが、私はナカ~タという男は、そんな男ではないと信じていた。あの光景は、ある意味ショックであった。

 今大会ここまでで一番のサプライズである!!

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

美しくなければ…

 昨晩は、POR vs. MEX、NED vs. ARG戦をへろへろになりながらもTV観戦。
 MEX以外は、トーナメント進出が決まりのチーム。というMEXもよほどのことがない限り、決まりという状況の中での戦い。

 MEXは、とにかく楽しませてくれた。真に勝利にふさわしいチームだ。それにひきかえPOR、2点目を獲ってからは、いかにも逃げきりを狙った試合運び。
 MEXのサッカーが素晴らしかったことを差し引いても、10人相手のチームにあれほど苦戦するとは…。
 監督も地団駄を踏んでいたではないか。
 MEXは、実に美しいサッカーを披露してくれた、勝利にふさわしかったのは、彼らだ!

 NED vs. ARGは、スコアレス・ドローながら、予想にたがわぬ好ゲーム。
 ARGの攻守の切り替えとバランスの良さは、言うまでもなかったのだが、第1戦、2戦と予想よりも地味なサッカーだったNEDが、ARGのサッカーにつられるように本来の展開を取り戻していた。
 NEDへの思い入れもあるが、これまでの試合の中でも1、2を争う良い試合だった。

 クライフのいう「美しくなければフットボールではない」という言葉が心にしみる2試合だった。

 ちょっと日陰のIRA vs. ANGもお互い一歩も引かないいい試合。W杯の素晴らしさを満喫できる一夜だった。

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

S.レム「砂漠の惑星」読了

NIEZWYCIEZONY 昨晩、スタニスワフ・レム「砂漠の惑星」(ハヤカワ文庫SF)を読み終える。
 この作品は、1977年に出版されていた同タイトルの新装版、本年3月にレムが亡くなったこともあっての再刊なのだろう。
 実は、高校時代に読んだ作品なのであるが、懐かしく思わず手に取ってしまった。

続きを読む»

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

SWEよGERをたたけ!!

 昨晩は、ドイツが何の面白みもなく勝ってしまった。
 大会前はディフェンスのバランスが悪く、決勝までいけないのでは、と心の中で期待していたのだが…。そこは、訳のわからないゲルマン魂とやらと、地元開催マジックで気がついてみれば3勝(トホホな感じ)。
 だが、トーナメントの相手はSWE、これまでと同じようにはいかんぞ!みておれGER、私が勝たせん(念を送るぞ、ム~ン)!

 ENG vs. SWEは前半まで見ていたのだが、ENGのリードで後半へ突入。後半10分にならないうちに力尽き意識不明に…SWEの同点劇を見ることが出来ず、残念。

 さあ、今夜(早朝)のNED vs. ARGは、何としても見なければならない大一番である(せめて1時からにして欲しいよな)。しかし、ARGには、脱帽だ。あまりにもスキがなさすぎる、強力な攻撃陣にプレスとマン・ツー・マンが組み合わされたディフェンスは、ちょっと反則気味だ。
 さすがのNEDも苦戦は必至か?まけるな!

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

あおによし奈良の都の…

Nara 昨日は、朝から奈良に出張、用件を終えて平城宮跡見物をしながら駅へ歩いてみたところ、思いのほか距離があった。
 気温・湿度が高い中を1時間歩いたため、かなり疲れた。

 そのせいで、昨晩のW杯はまともに観戦できず。論評は控えたい。

 それはそれとして(どれはどれじゃ?)、写真の通り、平城宮跡はだだっ広い田んぼであったろう場所に突然、真新しい門が現れるかなりシュールな景観。さらに次なる再現建造物「大極殿」を建設中。

 手前に広がる緑は、実は芝生ではない、ナント田んぼを埋めたあとに草が生えました、という感じの単なる空き地。歩くとそこここで水が染み出て、ぬかるみに…。今のままでは、何かして遊ぶことも出来ない。

 こんなんで奈良の人たちは納得しているの、それならいいんだけど…無理やりそうなるんだろうな。

テーマ:世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル:旅行

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
05 | 2006/06 | 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside