XTC落札第3弾+新品CD2枚

 ヤフオクで落札したXTCのアナログ盤が、一昨日到着。昨日はAmazonで購入のCD到着。アナログ盤は、聴くヒマも無いのにしょうがないなぁ。

XTC Analog Discs 左側が、カナダのみで発売された5曲入りミニ・アルバム(33回転ね)。"Black Sea"と"English Settlement"の頃のアルバム未収録の5曲。今となっては、どの曲もシングル集やら、ボーナス曲としてやらでどこかに収録された。ジャケットはDa Vinciの素描。

 もう一枚は、"Wake Up"の7inch、あの円形動輪ジャケット"Big Express"からのシングルカット。この間抜けで眠い感じのジャケットがいい。引き続き、7inch or 12inchは、安い出物をチェック中。

National Health + J.Warren どちらもAmazonで購入。左がNational Healthの"DS.Al Coda"、アナログ盤はあるのだけれど、これは買わないわけにはいかん。ジャケットに写る人、A.Gowenの追悼アルバム。私が大学のころに白血病で死んじゃった。サウンドは、タイトでカッコいいよ。それ以前の2枚に比べるとキーボードとドラムの音が新しい。文句なし(しょうがないね、好きだから)。あとから気がついたのだが、これが記念すべき、紙ジャケ100枚目!!

 もう一枚は、元Stackridge、KorgisのJ.Warrenのソロ"Jim's Easy listning Album"。ちびちびレコーディングしたものをまとめたプライベート盤的な一枚。極上のPOPアルバム、このメロディはアメリカ人には書けまい!!(福井のTさん、絶対買いです)ラストは"Everybody's Gotta Learn Sometime"のオリジナル・デモ。

 こうなると、The Korgisも紙ジャケして欲しいよな。特に2枚目、3枚目のかわいいデザインは、ミニチュアが似合いそうだ。

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

J.C.ブレイク「無頼の掟」読了

Burai no Okite J.C.ブレイク「無頼の掟」(文春文庫)を昨晩読み終える。
 ストーリーは禁酒法時代の二人のおじと甥の三人組の強盗の話。運悪く逃走に失敗、警官まで殺して逮捕された甥は刑務所へ、何とか脱獄。その後、おじたちに再会する。その後は、色々。女がからんできたり…

 「このミス」の3位のはずなのだが…しっくり来ない。脱獄して、再会するところまでは結構すんなり読めたのだが、その後が今いち乗り切れない感じだ。からんでくる女もちょっと都合がいい女ってか?再びラストで盛り上がるのだが、それも物足りない気がする。

 まあ、どたばたの中で集中しきれずに読んだこともあり、そういった面がマイナスに働いたかも知れない。この本と作者にとっては気の毒なことだったようだ。一般的評価は高い。(古書で買ってよかった 笑)

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

XTCアナログ盤落札第2弾

 う~ん、前回も書いたが、休みに仕事を持ち帰り自宅作業。来週も休日に仕事が…。しばらくそんな日々が続く予定。

Analog XTC そんな状況の中、レコードショップにも出られないので。ここのところオークションに注目。なんだかXTCのアナログ盤がにぎやかになっている。

 そこで、見つけたThe Dukes of Stratosphearの2nd.とGreat Fireの特殊ジャケット7inchをゲット。
 Dukesは、XTCとプロデューサJ.レッキーの覆面ユニット。このアルバム、オリジナルは確かグレーのビニール盤だった。発売当時、レコードショップに行く機会が無く、友人に購入を依頼、その後その友人と音信不通になってしまった。
 一昨年、その友人と連絡がとれたのだが、まったくその件について覚えていなかった…(泣)。ということで、ブラックビニールではあるが、2000円で落札。
 勢いに乗って、Great Fireの特殊モワレジャケット7inchも1000円で落札。

 あくまでも、鬱憤ばらしの購入(よくない傾向だ)で聴いていない。でも、全部知ってるからね…。
 引き続き、シングルを2枚、落札。近日到着予定。

 あっと、ついでに一言、一昨日買ったパスタ、自宅で食すもなかなかの美味!!

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

パスタな週末

 このところ、忙しい日々が続いている。この週末も仕事を持ち帰っている状態ではあるが、年明け以来の吉祥寺へ。

 天気も良かったせいか、わりと人でが多くアーケード街も多少、歩きづらい状態。もともと、ランチをしようと出てきたので、駅前のハモニカ横丁で店を物色。
 若いカップルが数組まっているスパゲッティ屋さん(イタリアンレストランではない)「ス○吉」に遭遇。どうやら手打ちの生パスタらしい、1日限定150食分の麺の販売もしている。きっと、それなりに有名な店なんだろうと気にはなったが、基本的に食事は待たない主義なので、とりあえず他を当たってみる。

 一回りしてみたが、何となくその店の前へ戻ってしまった。たまには待ってみるのも…と、珍しく大人な対応で入ってみることにした。
 店のスタッフはフロアが女性、厨房が男性でみんな若いのだが、てきぱきとして気持ちの良い対応。オヤヂになると味よりも何よりもそんなことが気になる。

 「アサリと春野菜のペパロンチーニ」と「トマトとモッツァレラチーズのスパゲッティ」を注文。どちらもなかなか美味い。確かに麺に味がある。どちらかというとペパロンチーニの方が、麺の味をしっかり味わえて良かったと思う。悪くない。(先日の横浜の麺○亭の麺には負けるかな…)

 帰りに、麺を買って明日もパスタで、パスタな週末が決定した。

テーマ:パスタ・ピッツア - ジャンル:グルメ

よくやった王 Japan!!

 王 Japan、おめでとう第1回WBC優勝。
 あと一週間はこの話題で日本中盛り上がりそうな結果。本当に良かった、よくやった。

 ひょっとすると、アメリカ・メジャー・リーグが次回から参加しないってこともあるし、無くなる可能性も孕んでいるので、この栄えある第1回優勝は、見事だった。

 しかし、イチローはすごいな。大事なところで回ってくるし、きっちり仕事をする。感心しきりだ。まあ、彼だけでなくみんなよくやったと思う。川崎のスライディングをきっちり見ていた主審もすごいぞ。

 さすが、キューバも一筋縄では行かない、強い相手だった。
 韓国も自分たちが2回勝った相手が、世界一になったことで溜飲を下げてくれるだろう(日本に対しては、そうもいかんかな)。でも韓国も強かった。

 個人的には盛り上がらないで始まったWBCだったが、アメリカが2次リーグ敗退してからはグッと盛り上がった。まあ、結果よければすべて良し、というところ。
 しかし、我が阪神タイガースの選手はいまいちだった(残念!)。

 最後にもう一度、おめでとう!!

 次は、ワールド・カップなのだが…?

テーマ:ワールド・ベースボール・クラシック - ジャンル:スポーツ

本年第3回釣行

 昨日、やらねばならないことも多いのだが、ストレス解消の意味もあって、第3回釣行を決行。

 場所は、同行のMT君と検討の結果、初めての「フ○ック」へ。7時前に出発するも道路事情により10時過ぎに到着。
 何となく、雰囲気は良さげ…、我々で7人目とのこと(ちょっとうっしっしな感じ)。急がず焦らず、ゆっくりと準備する。川をのぞくとかなり水が少ない(悪い予感)。

 準備を終えて、駐車場前から入る。広い浅瀬で先行者がランディング中。お~釣れとるね、とMT君と私の期待は高まる。

続きを読む»

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

WBC消滅の危機?

 意気消沈のWBC日本代表をカミのごときメキシコが救ってくれた。アメリカに疑惑審判のバチが当たったのかも…。代表のメンバー諸君、カミは君らを見捨てなかったぞ!(メキシコに感謝状を贈るべきだ。)

 これは、イチローの言うように同じ相手に三度の負けは許されない。新たな試練と思って戦って欲しい(今さら優勝はどうでもいいからね)。
 まずは、ミスの無い野球が第一だと思う、ミスをしていては、パワー勝負の他の国のBaseballには絶対勝てない。「よし!あ~ぁ…」というのはかんべんね。
 日曜日、がんばってね。

 ところで、WBCの存続が危ぶまれる状態になってきた。アメリカに色んなケチが付いたので、「もうわしらヤメね。一抜けた」と云い出しそうだ。まず、間違いなさそう…(あくまでも個人的見解)。多いにアメリカ魂が発揮されそうではないか?
 そうでなければ、次はガチガチの最強メンバーと最強の審判団(もちろん全員アメリカ人ね)を組織して、球数制限のような規則をさらに充実させで、反則のような万全の体制で開催を強要するだろう。

 こうなったら、優勝なんてどうでもいいと思っていたが、今回優勝しておかないと次回からアメリカ抜きのBaseball世界一しか名乗れなくなってしまうぞ!!
 前言撤回、やっぱり日本代表優勝だ!!

 で、話は変るが明日こそは釣りだ!! 仕事は立込んで、トラブル発生。とりあえず土日は対処できる事無し。
 そこで明日は念願の釣行を強行する事とした!絶対に行く!!

テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ

森福都「双子幻綺行」読了

 本日は、朝から仕事のトラブルで昼飯をたべるヒマも無く、精神的にもダメージは大きい。これでまた今後のスケジュールは、ドロドロの泥沼状態へ。

Soshi genkiko まあ、そんな中ながら昨晩、森福都「双子幻綺行」(祥伝社)を読み終える。これもネット古書店で630円で購入(最近ハードカバーはもっぱら古書で入手)。

 もともと、2001年に出た本で、祥伝社の雑誌「月刊NON」にとびとびで掲載されていたもの。
 舞台はいつものように昔の中国。今回は、悪名高い中国唯一の女性皇帝「則天武后-聖神皇帝」の治世。主人公は、この皇帝に仕えた双子の男女が主人公。
 兄は宦官で神経質で頭が良い、妹は女官で活発で行動派という設定。宮城の内外で起こる事件を鮮やかに解決していく。特に現実を超えたファンタジーは今回は無し。あくまでも、現実の範囲内での展開なのだが、世界観がしっかりしているのでなかなか楽しい。

 仕事関連の専門書も読まねばならず、とりあえずこれと J.トンプスンで、一度頭をリセットしたつもりだったのだが…、冒頭のトラブルで本日はもうぼろぼろ。
 
 完全リスタートを目指して、土曜は何があっても釣行敢行!!(よろしく、MT君)

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

十何年ぶりかのアナログ 7inch Get !!

 ヤフオクで見つけた XTC のアナログシングル盤を入手。本日到着、十何年ぶりかで、7inchシングルを買ったぞ。

This World Over ジャケット表面に蛇腹になったPostカードがくっつけられているというマニアな一品。XTCのシングルは、アナログ時代もCDになってからもアルバムに収録曲があったり、特殊ジャケットっだたり完全にマニアねらいなのだ。Postカードの下は、12inch盤と同じ、「世界の終わりボタン」デザイン。

 どうしても欲しい!というものでも無いのだが、800円だすぃ、まあいいか…という軽い気持ちで入札していたら…

 アナログ時代は、side B "Blue Overall"がアルバム未収録であったが、紙ジャケ・リマスター化の際に"Big Express"にボーナス収録されている。なので、まったくのコレクターズ・アイテムで無くても良かったのになぁ(釣行もできず、何となくバタバタだし、ストレスがたまってきていたか?)。

 これを手にして、むくむくと物欲が頭をもたげてきたようで、引き続き7inch盤にターゲットを絞りつつある。深みに嵌まらぬように要注意!

 今後のターゲットCDは、National Health "DS al Coda"と元Stackridge/KorgisのJ.Warren "Jim's Easy Listening Album"。

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

J.トンプスン「おれの中の殺し屋」読了

KillerInsideMe 金曜の夜にJ.トンプスン「おれの中の殺し屋」(扶桑社ミステリー)を読了。

 昨年の秋ごろに購入していたのだが、既読の「内なる殺人者」(河出書房)を新たに翻訳をしたものなので、先送りしていた。ここのところ忙しない日々のため、どっぷりつかって一気に読めるんじゃないかということで、手に取った。一度読んでいるストーリーでもあり、予想通りぐいぐいと進み、あっという間に読み終えてしまった。

 翻訳については、古いのがいい、新しいのがいいと、意見が分かれるところだろうが、新訳は文庫で安くて簡単に入手できるし、トンプスンを未読なら、入り口としては最適じゃないかと思う。S.キングの文章もおまけについてるしね。

 ストーリーは、テキサスの田舎町の保安官助手の心の中に潜む殺し屋が、抑圧を突き破って彼の表に姿を現してくるというもの。でも、サイコやホラーではない。

 一人称で語られる文体と境界線のあいまいな表現は、実に現代文学である。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
02 | 2006/03 | 04
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside