「琥珀枕」読了

琥珀枕
昨晩、最終電車の中で森福 都「琥珀枕(こはくちん)」(光文社)を読了。
忙しいと本を読むスピードが上がって、短い期間に多くの本を読んでしまう。これはきっと頭が忙しい合間の短い時間にリフレッシュを求めるせいで、集中力が高まってスピードが上がっているのだろう。
それに、時間があると本を読むだけでなく、他のことへ気がいってしまうため、違いが出るのかも知れない。

さて、「琥珀枕」は、森福 都得意の中国を舞台とした連作で、七つのモノにまつわる不思議な物語。
この人の中国ものを何作か読んだが、舞台や題材のイメージとは違い、重い印象がなくて気に入っている。
最近、新作が出たようなのでいつか読んで見ようと思っている。

さあ、今晩が今の仕事の最後の山だ。これからあと一仕事。

音楽ネタがない

このBlogをはじめたときは、気に入った音楽のことも書ければと思っていたし、なるべく毎日何か書こうと考えていたのだが…。
そのどちらもそれとはほど遠い限りである。

毎日書くというのは、仕事やら何やらで書けないこともあるし、土日にMacを立ち上げることがめっきり減ってしまった現状では厳しいかと思う。(まぁ、自分の中だけの問題なので納得しよう。)
ただ、音楽のネタは大学時代の友人MさんにもBlogをはじめたことを知らせたので、なんとか書きたいと思っているのだが、なかなかネタが無いのが実情。
これは、ここ一月ほど新しいCDを入手していないことと忙しくてまともに音楽が聴けていないのが原因だ。

明日にもP.HammillとV.D.G.Gの紙ジャケが発売される。もちろん内容もアナログ盤で持っているので承知の上だから購入するつもりである。
その時は…。

ところでMさん、Pilotはどうでしたか?
それに、P.マッカートニーは朝日新聞で小倉エージ氏だったかが、ストーンズやクラプトンの新譜よりも良いと書いてました。なにやら日本先行発売でおまけ付限定とか?
聞いたら感想お聞かせください。

とりあえず、今後を乞うご期待!!

B・テラン、期待外れ。

ボストン・テラン「凶器の貴公子」(文春文庫)は、ちょっと期待外れだった。前2作(「神は銃弾」、「死者を侮るなかれ」)が、暴力と狂気に圧倒されそうになったので、本作もタイトルからしてかなり期待していたのだが…。

前2作のようにのっけから、おおっと来るようものではなく、ずいぶんまともな話からスタートし、暴力と狂気の炸裂を待ち続けたまま終盤へ。何とか少し緊張感が高まるも物足りない。
あくまでも個人的な印象だが、映画化が可能な線でストーリーをまとめたのかも知れない。

その変わり、英国冒険小説家バーナード・コーンウェルの「巨石神殿ストーンヘンジ」(ヴィレッジ・ブックス)が、それまでの「海洋冒険譚のコーンウェル」という印象を覆す楽しさがあった。
どちらかというと、ストーンヘンジに魅かれて読んだのだが、B・テランに劣らない血と狂気。
英国の有史以前にそんなこともあったかもなと、以前ストーンヘンジへ行った時の記憶をたどりながら読んでしまった。
これまでで一番人の手で人が殺される描写が多かったような気がする。
それに、結末に中途半端に抜けきらない何かが残るのもいいのかも知れない。

六本木ヒルズ消失!!

日曜日というのに仕事。昨日は、一昨日から夕方まで不眠状態。
しかし、投票には昨日、期日前投票してきた。なにせ当日の投票所は徒歩約10分、期日前投票所は徒歩1分。
これは、期日前投票が楽に決まっている。今後も期日前でいこう!!
結果は、自民党の圧勝の気配が漂う。
いいのか?悪いのか?

さて、本日の午後急な豪雨、溜池山王も江戸時代に戻って溜池になるかと心配になるほどの降り。

六本木ヒルズ消失いつもは見える六本木ヒルズもこの通り。








帰ってきた六本木ヒルズ止んだら、こんなんだけど…。



先週の日曜ほど降らなくてよかった。
あとひと頑張りしましょ。

どうなんだ?昨日のジーコ・ジャパン、そしてサントス

昨日のホンジュラス戦は、仕事の関係で見ることができなかったが、できはどうだったんだ?
なんとか勝ちは納めたようだが…。

5-4ということから、お互いに大味な試合運びになったと想像している。
まあ、4点も取られるということは4バックは無理だということじゃないか。
DF全体に問題はあったんだろうね。何とか大量点は取れたけど、何かと課題は多いね。

前から疑問に思っているのだが、ジーコの指導・采配(?)はともかく、代表にサントスは必要なのだろうか?
彼の中途半端で粗っぽいディフェンス、さらにスペースが無いとできないうえに、ちゃんとしたディフェンダーには通用しないドリブルと、なんとも使いようのない選手だと思う。
ジーコの通訳なら専門の通訳がいるから必要ないぞ!!

メンバーにサントスを見るたびにむかつくのは、私だけだろうか?
三浦淳など他にも選手は、いるじゃないか!!
今回も最初の失点は彼のミスからじゃないか!!
とにかく、代表に彼の名前は見たくない!!

まんぞく・まんぷく旅行

土・日きっぷを使って東北一泊旅行へ行ってきた。実は、昨日そのことを書こうと思っていたのだが、仕事で時間が作れず断念。

もともとの目的は、以前何回か行ったことのある仙台の「鮒鮨」というお店で寿司を食べようと思っていたのだが、なんと2年ほど前に大将がが亡くなられて廃業したとのこと。
そこで、以前大将に教えてもらった塩釜の「翆松亭」に行ってみることにした。
あなごの天麩羅とさんまの刺し身、カツオの刺し身、さらに二色丼とオリジナルの日本酒で満足な一時を過ごす。

その後は、仙山線とバスを乗り継いで宿泊先の蔵王温泉「オークヒル」へ。
ここの温泉は、強酸性の酸っぱいお湯。実に本格的。食事はジンギスカンと各種料理が出たが、魚はちょっと…、前から思っているのだが、山の温泉で海の魚を出すよりもジンギスカンなど山の食材に重点を置くべきだと思う。
本当は、森を軽く歩くつもりだったのだが雨が降りだして断念。

翌日は、山形から米沢へ移動。山形駅周辺でブラブラする。
山形駅で制服にビーチサンダルの女子高生が目に付いた。う~ん、あきれてしまった。

米沢では、「べこや」で米沢牛の焼き肉を堪能。
米沢周辺の川の状況も少しだけリサーチ、どうやら米沢近辺でも釣りができそうだ。
毛鉤な皆さん、来年は「米沢牛とFishingツアー」などいかがであろう?

帰りに米沢駅で駅弁「牛肉どまん中」1000円を購入。毎回のことながらこれにも満足。

今回は無理をせず、ゆったりと食べて、温泉につかってとまんぞく・まんぷくの旅となった。

気になる…

昨日、東北旅行(近日レポート公開予定)の帰りに気になる事態が発生。
山形から米沢まで向かう「つばさ」の車内で、2組の夫婦?が席のダブルブッキングがあったらしく、ちょっともめていた。
結果は、年配の方が9/4を9/5と勘違いしたらしい。
おじさんは、あわてて車掌に相談に行き、席(恐らく自由席へ)を移動していったのだが…。

東京へ向かったご夫婦、その後の旅程(宿泊や交通機関)の予約があったりしたらどうなったのだろう。
最初は、「おかしいですねぇ」などと行っていた奥さんが、日付の話になって完全にフリーズしてしまっていた様子を見るとかなりまずい状況が想像されて気になって気になって…。

その後も車内アナウンス(不審物・気になるものは係にというやつ)があるたびに車掌に聞きたくて仕方がなかった。

予想外の…


a night in akasaka
ああ、ひとまず終了。なんと、こんな時間だ。
なんだか予想外に長引いてしまった。そんなこんなと作業をしている間に8月が終わってしまった。

窓から見える六本木ヒルズもイルミネーションが落ちて暗い。
このビルの下に並ぶタクシーもきっと多いだろう。

明日(今日)もまだまだやらなくちゃならないことがあるので、一刻も早く帰って寝なければ…。
あ~しんど。
Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDからフライフィッシング、サッカーなんかについてだらだらと…。
    ちなみにMacユーザ歴は20年ですが、最近はめっきり…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
08 | 2005/09 | 10
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside