FC2ブログ

The Monochrome Set "Dante's Casino" + "Charade" + "Misere"

The Monochrome Set バタバタとした年度末しごとを少しずつ片付けながら、なんとなく前進の日々である。次の週末もMT君の釣行出撃計画が、明らかにされた、できれば参加したいのだが…毛鉤は巻いていないし、さあ、どうなるか?

 というところで、CDネタの巻き返しである。今回は、なんとThe Monochrome Setの3枚である。右が"Dante's Casino"(1990)、奥がCharade(1993)、左がMisere(1994)。
 すべて、ヤフオクでお手ごろ価格の中古購入である。このバンド、活動が長いだけに、もっとスタジオ盤を出しているような気がしたが、全部で9枚のようだ。
 "Dante's Casino"は、5枚目のアルバム、アルバムとしては前作"The Lost Weekend"から5年のブランクの後の発表となった。前作は、ネオ・アコのブームの最中、大手WEAからでたのだが、あえなく一作で契約解除。
 今作は、インディーズのVinyl Japan UKからの発売である(2001年にCherry Redからスリーブが変って再発になってるようだ)。二つ折りのスリーブも寂しく、パーソネル以外の情報もない。Dr.はゲストとなっている。
 しかし、内容は悪くない。相も変わらずのモノクロ節である。Bidのクニャクニャvo.とLesterのペニャペニャ・ギターは健在だ。久しぶりのレコーディングに、水を得た魚のようにいきいきとしている。

 次作の"Jack"からCherry Redと再契約、7枚目の"Charade"は、スリーブのフロントデザインは、やや?ではあるが、歌詞もついて、良かったね…てな感じ。
 ちょっと大げさなアレンジの曲もチラホラ、なんだかThe Divine Comedyみたいだな。Lesterのペニャペニャ・ギターの走り具合に物足りなさを感じる。でも、全体には悪くないんだけどね…。

 "Misere"は、"Charade"に続く8枚目、これもCherry Redなのであるが、日本盤。歌詞カードの裏にネロリーズの杉本(誰この人)なる人物のライナー付き。
 いつものモノクロにもどった感じ、Voとギターのバランスがいい感じ!気持ちイイゾ!10曲目の"Integrate Me"は、かなりしみるゾ。しかし、ほんとに変らん人たちだ。

 この後、1995年にもう1枚アルバムを出した後、公式HPには1998年までの記述しかない。終わってしまったのだろうか?
 大学時代からのおつき合いだけに、なんだか寂しい…。

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとう

ネロリーズは関西のバンドでしたか。ネオ・アコな人たちですね。
ライナーによるとBidにプロデュースしてもらったらしいよ。

最近、ちょっとしたネオ・アコのリバイバルのようです。
世間的には、ネオ・アコといえばAztec Cameraという感じですが、モノクロがネオ・アコかどうかは別にして、個人的にモノクロのほうが良いですね。

ネロリーズ

モノクロームいいですね~。
ちなみにネロリーズはフリッパーとかの時期のガーリーデュオです。2ndまで買った記憶があります。関西でインディーズのころはいろんなとこで見かけたです。モノクロームのライナー書く程、出世したんだな~。
Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDなんかについてだらだらと…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
04 | 2019/05 | 06
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside