FC2ブログ

笹沢左保『死人狩り』(平和新書)読了

 昨晩、笹沢左保『死人狩り』(平和新書)を読み終える。
 同世代の人は、このタイトルには多少の記憶があるのではないだろうか、そうでなくても柳ジョージ&レイニーウッドの「雨に泣いている Weeping In the Rain」が、ショーケン主演の同名ドラマの主題歌としてヒットしたことは記憶にあるだろう。
 中学〜大学2年までテレビ見ない族の当方は、残念ながらそのドラマを見ていないのであった。出版当時は、話題策だったのかも、高松英郎主演で『乗っていたのは二十七人』というタイトルでドラマ化されているようだ。

 27人を載せ西伊豆を走るバス、そのバスが事故を起こし伊豆の海に転落、乗っていた乗員乗客全員が死亡する。このバス事故は、フロントガラスに銃弾を打ち込まれたことが原因の殺人事件と判明する。
 誰を標的に26人もの無関係な乗客たちを巻き添えにしなければならなかったのか、恐るべき大量殺人の真相はどこにあるのか?
 事件を追う静岡県警の浦上刑事の妻と二人の子供もこのバスに乗り死亡していた。悲しみと怒りを胸に事件の真相を明らかにするため27人の犠牲者の捜査”死人狩り”に取りかかるのであった。

 なんと絶妙なタイトル、そして設定。
 浦上の捜査は、いくつもの空振りを繰り返し、一筋縄ではいかない犠牲者それぞれの事情をあぶり出していく。このそれぞれの事情が事件の真相と結びつくわけではないのに、グイグイとページを捲らせてくれるのだ。

 昭和40年当時の時代もあり、今どきピンと来ない部分もなくもないが、当時としては27人が殺されるという大量殺人は異色のミステリー。
 設定・展開とも文句なし、満足の一冊。
 どういうわけか、昭和ミステリーに対しては読書エンジンが快調に転わってくれているようだ。

笹沢左保『天を突く石像』(旺文社文庫)読了

 ここのところは雨続きの毎日、折角の連休ながら出かける気にもなれずで、近所への買い物程度の外出。
 この天候不順で、他のものもそれなりに読了しているのであるが、ちょっと残念だったこともあり、一昨日読み終えた笹沢左保『天を突く石像』(旺文社文庫)を…。

 日本がまさに高度成長期に突入した1964年の作品、建設会社に勤める大場の同僚、青山が妻と子供を捨てて資源開拓公団総裁の娘・原理恵子と結婚すると言い出した。
 青山、大場、青山の義妹、冬子の3人で原の邸宅を訪れるが、原総裁、理恵子とも青山のことは知らないという、青山は精神に異常なのか…。
 そしてその夜、青山は原邸の庭で総裁秘書を絞殺し、自殺したという。

 果たして青山の精神以上は真実なのか…疑念を抱いた大場と冬子は、その真相を探り出そうとする。
 東京、伊豆、そして秩父の山中へ、大場たちの捜査?は進み、事件の裏に隠されていた資源開拓公団のダム建設に関わる不正が見えてくる。

 そして、原総裁が現地秩父のダムに視察に、そしてその場で真相が明らかに…というあたかも、サスペンスドラマのようなフィナーレを迎えるのであった。

 実はこの旺文社文庫版は、カバーの裏のあらすじがまずく(このカバーイラストのセンスも昔とはいえ大いに?)、ネタばらしになっているため青山の異常を偽装と知りつつもどうなるんだという興味先行で、3分の1くらいまではグイグイと読み進められる。
 しかし、そこから先は事件の背景がばれているので、一気に気持ちが減速してしまう。

 高度成長期の公共事業と建設業界の闇みたいなところを描こうとしたんだろうけど、カバーのせいで読後感は、残念な感じとなってしまった。

投票行こうよ!

 期日前投票を済ませてきた。
とにかくみなさん、投票しましょうよ。
逆説的に「若者に選挙に行くな」と煽る動画も話題になっている。

今の安倍政権が、国民の信任を得たなどと大きなことを言っているが、実は有権者の4分の1程度しか票を得てない。
自民、立憲、国民…どうのと言う前に投票率が低すぎて話にならん。
そんな選挙で選ばれた奴らに牛耳られている事が悔しいよ。

もひとつ、欧米の俳優、アーティスト等々は、政治的スタンスを明らかにしているが、日本はそれがやりづらい。

https://www.asahi.com/articles/ASM7C7D1GM7CUCVL03F.html

それができないなら、せめて投票を呼びかけるぐらいしてほしいものだ。

当方は昨日済ませたぞ!

久しぶりのPeter Blegvadの歌ものアルバム"Go Figure"

 昨年の2月に出されていた2mの巨漢アーティストPeter Blegvadのアルバム”Go Figure”を一週間前の金曜に渋谷のレコファンで購入。

彼の歌もの(朗読ものとかもあるので…)は、これまでもずっと追いかけてきたのであるが、以前ほど音楽方面にレーダーを張っていないため見落としていたというか、気がついていなかった。

参加メンバーは、Henry CowからSlapp Happyにかけての盟友、ドラムにChris Cutler、ベースはJohn Gleaves、そしてKeyとVoにKaren Mantler(Carla BleyとMicheal Mantlerの娘、見かけはかーさんそっくり)とギターのBob Drake。
フランス?のスタジオで10日間のんびりとレコーディングしたようだ、このメーバーで今年に入ってツアーもやっている。

音は、そのレコーディングの様子がしのばれる実にレイドバックした脱力ポップ。しかしながらリズムほか、サウンドは要所はきっちり決めてくる。
もともとシャウトして歌い上げるタイプではないので、その喉声とひねくれたメロディーを満喫、ここのところのBGM。

有馬頼義『四万人の目撃者』読了

 本日、打合せに向かう移動中のバスで有馬頼義『四万人の目撃者』を読み終える。
本作は昭和33年の日本推理作家協会賞受賞作品である。

シーズンも終盤を迎えたプロ野球、セネターズの4番新海がヒットを放ち二塁から三塁へ向かう途中に倒れそのままグランド上で死ぬ。
その死因は、心臓の発作とされたのであるが、四万人の観衆とともにその光景を目にしたセネタースのファンである高山検事。
どうしても腑に落ちないものを感じた彼は、新海の解剖と新海の背景にベテラン笛木刑事たちとアプローチを始める。
新海の妻、その妹、新海の出資する喫茶店のマネージャ、レジ係…多くはないが少なくもない、曰くありの関係者たち。

佐田啓二主演で映画化もされ、おそらく当時は話題作だったのだろう。
タイトルからして、チャレンジングだし、毒薬を特定できないうえに、その殺人の目的も見えてこない。
それでも高山検事のカンと経験で見えない犯人を追っていく。
もっとざっくりとした感じで展開していくのかと期待しないで読み進めたのだが、思いの外緻密にひとつひとつ事実を積み上げて事件の真相に迫っていくという意欲的な形となっている。

ドラフトもない頃のプロ野球を題材に今よりはるかに厳しい選手の待遇やチーム事情、一方で今と変わらぬ選手の心理と成績。
事件解決後、再びスタジアムでの野球で終わる。おそらく野球をテーマにしたはじめてのミステリなのでは…。

四万人の目撃者有馬頼義を初めての作品であったが、予想外にいろいろな面で愉しめた。

F.v.シーラッハ『刑罰』読了

 ここのところの読書はもっぱら古書店の均一本(主に100円)の昭和ミステリーだったのだが、久しぶりの新刊、それも翻訳もの。

 フェルディナント・フォン・シーラッハ『刑罰』(東京創元社)を一昨日読み終える。
いつものことながら、一切の無駄を排したキレッキレの文章、これは翻訳の酒寄進一氏の訳との相乗効果もあるのだろう。
 生意気なことを言わせてもらえば、やっぱりこの作家は短編に持ち味がある。

 全12編の短編に凝縮された人間の心、社会の矛盾…、一遍一遍、読み終えるごとに背筋がゾワゾワとなる、その鮮やかな結末に脱帽。

 読んで楽しいワクワクするという話ではないが、読書の愉しみは間違いなく与えてくれる。

The Divine Comedyの”Office Politics(Limited Edition Deluxe CD)

 一週間前にダイレクトにオーダーをしたThe Divine Comedyの3年ぶりのNew Album ”Office Politics(Limited Edition Deluxe CD)”が本日到着。

 出だしがなにやらいつもよりもエレクトロ感が強いので一瞬オヤっと思わせるのだが、それは多分このアルバムのコンセプトでもあるのだろう(見開きジャケットの内側を見るとなるほど…)。
 そこらへんを活かしながらも全体としては、いつも通りのスロートボイスとデカダンが香るオーケストラルポップ。
 ベースラインは本作のほうがブンブンとうなって強力で躍動感がある。

 Deluxのネタのもう1枚のCDが実にうれしい。Pianoによる弾き語りデモ音源なのであるが、アーサー・ランサム原作の「ツバメ号とアマゾン号」のミュージカル舞台?音楽。
 この「ツバメ号とアマゾン号」を含むランサム・サーガ数冊を子供の頃に学校の図書館で借りて読んだ(全12作なのだが、4作しかなかったような)。イギリス湖水地方を舞台にヨットを操る少年・少女が繰り広げる冒険譚でワクワクしながら読んものだ。

 ということで、もう一度読んでみようか…という気になっている。

cheero USB-C PD Adapter 60W

 昨年、15インチMacbook Proをゲットした際に純正の電源アダプタがあまりにもでかくて重いのでサードパーティの電源アダプタを購入したのだが、これが45Wと出力不足で充電ができないという大失敗だった。

その後も重〜い純正アダプターを持ち歩いていたのであるが、ついに朗報が…。
モバイルバッテリー等で定評のあるcheeroブランドから60Wで15インチMacbook Proに対応したアダプタ「cheero USB-C PD Adapter 60W」が発売になった。
それもAmazonで2,500円のお買い得価格。

写真の通りサイズは約2/3で重さに至っては、ほぼ半分の150gである、これが一番うれしい。
一応、純正品は87Wと高出力であることは付け加えておくことに。
若干、複数のHDDをつないだ場合の不安はないでもないが、そのときはその時ということにしたい。

少しでもカバンを軽くなることは素晴らしい。

柴田錬三郎「今日の男」読了

 先週末に柴田錬三郎「今日の男」を読了。
 5月の2週目の新橋駅前古書祭りでゲットした中の一冊。
 これまで柴錬の眠狂四郎ものや「異常の門」など時代小説というかチャンバラ小説(こっちの方が合うような)は、大好きで読んでいるのだが、そうでない探偵小説はこれが初めて。

 主人公である気鋭の探偵小説家山河幾太郎が、そこそこの地方都市(静岡あたりか?)に事件の匂いを嗅ぎつけてやってくる。
 そのホテルで出会った謎の美女をとっかかりとして怪しい事件に踏み込んでいくことになる。
 この探偵は、言葉では言い表せないほど鋭い洞察と思考で事件の裏側にくいこむのだが…。
 どうもその鋭さが具体的に描かれることはほとんどなく、いつの間にか核心に近づいている。そのうえ、どこが魅力的なのかもわからないが、とにかく女にモテるのである。
 なにせスーパーモテモテ浪人、眠狂四郎を創出しただけあって、この山河もスーパーな探偵なのだ。

 講談社のロマン・ブックスという新書版のシリーズで2段組でそこそこのボリューム。前半のどこへ行くかわからない展開を我慢して読み進むうちに事件はどこが核心なのかわからなくなってしまう。
 一見すんなり進んでいるような感じがするのだが、実際はほとんど迷走状態。

 結局、山河の周りの美女たちの裏がスッキリしてフィナーレを迎える。最終的に「アレッ???」となり、なにやら狐につままれたか、狸にばかされたか…。

 あまり、柴錬の現代小説の評判を聞いたり、見たりしたことがないのが分かったような…読まずに済ませてもOKだ。
 期待はしてなかったけど、あまりといえばあまりな感じ。

右脇腹の痛みが…

金曜の昼過ぎから左脇腹に痛みが…しばらくしたら落ち着いたので、所要で外出したが戻ってくると再び痛みがでた。
思いの外痛みが強いのでそのまま内科医院へ。
痛みの場所を確認され、血尿は出てないか聞かれたのだが、特に変わりはないと回答したが、検尿をされると…
血液がでたとのことで、ほぼ間違いなく尿路結石だとのこと。
 医者からは、「薬をのんで様子を見ましょう、よく水分をとって下さい、でも強い痛みが出るかもしれません。」と痛み止めと排出を促す薬を処方され、即服用。
 痛みは、治まった。

 しかし、土曜の午後から強烈な痛みが…、覚悟はしていたが、この痛みがいつまで続くか不安もあり、急ぎ緊急対応の利く総合病院へ。
 前後の事情を話すと、CTとレントゲンをとられた結果、一番いたいところです、痛み止めの座薬を出しますので、もう少しガマンするように言われる。
 処置室のトイレで座薬を入れ、うちに戻ると痛みは治まった。その後は、今まで痛みが出ていないので、たぶん膀胱までは落ちてくれたのかも…。

 再発する可能性が低くないので気をつけて下さいと言われていることも付け加えておこう。

三浦半島ツアー 横須賀編


 昨日は、これまで行ったことのなかった三浦半島ツアーへ、その第一弾は、横須賀。
 食事券と遊び券に京急関連が乗車自由の「よこすか満喫きっぷ」を購入。


 昼過ぎに到着で、ここは海軍カレーの町横須賀、老舗?WOOD ISLANDへ向かう、流石に昼時3名が待機中。
 10分強待って入店、食事券メニューの海軍カレーセットをオーダー、横須賀の海軍カレーには必ず牛乳が付いているとのこと。
 お味は、ちょっとスパイシーなお家のカレー。


 その後、記念艦三笠へ。
 ボランティアのガイドツアーに参加、おじさんの思い入れたっぷりな説明で、主砲は対岸の君津へ届く10km、高いマストは蒸気エンジン故障時に帆走するためと知る。
 三笠公園のとなりの横須賀ポートマーケットも行ってみたが、特に買い物はせず。


 次は、ヴェルニー公園へ。
 季節も良いのかバラが咲き誇る、きれいな公園。向かいはアメリカ海軍ドック。
 潜水艦とミサイル駆逐艦が何隻も停泊中。公園側には海自の護衛艦が停泊中。
 公園からは、空母ロナルド・レーガンは見えず。
 美しいバラの公園と軍艦、これが横須賀の日常風景。


 ちょっと早めの夕食は、たまたま見つけた店「天丼岩松」へ。
 穴子天入の海鮮丼(950円)と岩松丼(800円)に味噌汁(50円)をプラスして食す。驚くべきコスパ、後で知ったが知る人とぞ知る店とか。

 暗くなり始めて浦和へ移動したが、何も見えずで撤収。
 いつかは、三崎方面へ。
Profile

  • Author:KsbcKSBC
  • 不惑の年をとうに過ぎてしまったオヤヂのモノローグ
    日々是、思いのままにならぬことばかり。そんなオヤヂの日々。

    読んだ本、手に入れたCDなんかについてだらだらと…。

    読んでいただいてありがとうございます。せっかくですから、何か書いていっていただければ幸いです。
Calendar
06 | 2019/07 | 08
sun mon tue wed thu fri sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Twitter
 
Categories
Tree-Arcive
Links
Recent Comments
Search inside